コロノスケのくるま道

車と車のプラモなどの話題、日常生活の出来事などを綴ってみようと思いまふ

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

Z34 フェアレディZ その2 


前回に引き続き新型フェアレディZの紹介です(^o^)/

 Z34フェアレディZのエンジンは『V36 スカイラインクーペ』と共通の「VVEL(ブイベル)」採用の3.7ℓのV型6気筒DOHCエンジンの『VQ37VHR』型エンジンで最高出力は336PS/7000rpm 最大トルクが37.2kgf・m/5200rpmと高出力を発揮するエンジンを積んでいます。

「VVEL(ブイベル)」とは「バルブ作動角・リフト量連続可変システム」の通称で、通常のエンジンはスロットルバルブで吸気量をコントロールするのですが「VVEL」ではアクセルペダルの踏み込み量に応じてエンジンの吸気バルブの作動角と、リフト量を連続的に変化させ、吸気抵抗の低減と空気吸入の応答性を飛躍的に向上させることのできる日産独自のシステムなのです。

Z34-2
V36スカイラインと共通のVQ37VHRエンジンですがフェアレディZ用に、よりスポーティな味付けになっているそうです(^o^)

 そしてそのVQ37VHRエンジンに合わさるミッションは「シンクロレブコントロール付き6速マニュアルトランスミッション」もしくは「マニュアルモード付き7速オートマティックトランスミッション」が選択可能です。

 「シンクロレブコントロール」とはシフトダウン時にクラッチを切ると、瞬時にエンジン回転数をトランスミッションの回転数と同期させヒール&トゥを使ったかのようなスムーズな変速ができるというシステムなのです。これは先代のZ33にもオートマで採用されていましたが、今回このZ34にはMT車では世界初採用となりました?(゜o゜)!!(MT車シンクロレブコントロールは Version ST Version Sのみの設定)

Z34エンジン
フロントの剛性アップのため三角形のトライアングルタワーバーを装備しています(>_<)

次にインテリアですがステアリングの間から見えるのが大型3連メーターで中央が回転計、右側が速度計、左側が車両情報ディスプレイとなっていて、左側にあるのが伝統の3連サブメーターで左からデジタル時計、電圧計、湯温計となっています。

Z34インテリア2
展示車はAT車なのでマグネシウム製パドルシフトが見えますね(^_^;)

プッシュエンジンスターターを押すと大型3連メーターと3連サブメーターの針が一瞬振り切り状態になり、エンジンが目覚めたことを感じることができるそうです(^o^)

Z34インテリア
ちなみにサイドブレーキレバーがなぜか助手席側にあるのでちょっと使いづらいかな?という印象も受けましたf(^_^;)


 下の画像はラゲッジルームです。
Z33にあった巨大なリアタワーバーが無くなりラゲッジルームの使い勝手がよさそうです。

Z34ラゲッジルーム

新型Z34フェアレディZは真横や斜め前からのシルエットがS30Zに似ていてかなり惹きつけられるものを感じます。

リーマンショックからはじまったこの不況でさらにスポーツカーには厳しい時代ですがこの新型フェアレディZには頑張ってもらいたいですね。

Z34-1

 今回の写真はすべてみわの姫の撮影です(^_^;)ちなみに僕は娘のだっこ担当でした(笑)


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 車ブログへ


スポンサーサイト

新型 フェアレディZ(Z34) 

 先日、発表された新型 フェアレディZを見に日産へ行ってきました。

 日産に展示されていたのは豪華装備仕様のZ34 フェアレディZ Version Tでした(^o^)/


Z34-0

 この新型のZ34フェアレディZの最大の特徴が「走る悦び、走る楽しさ」をより感じる事のできるボディになったことでしょう。

 前の型のZ33に比べ、リアタイヤを前方に100mm短縮してショートホイールベース化。それにあわせて全長も100mm短縮し、ロングノーズ&ショートデッキ化。
 ボディ構造を徹底的に見直し、フロントにはトライアングルタワーバーを装着し高いねじり剛性を実現、リアにはタイヤハウスの球面化などで剛性をアップ。
 軽量化にも力をいれていてエンジンフード、ドアパネル、バックドアをアルミ製にし、燃料タンクは専用設計のものとなり、Z33に比べ100Kg近くの重量増になると見込まれてた車重が実質2?30Kgの車重増で納まりました。

Z34-3
リアフェンダーアーチがかなり張り出していてかなりかっこいいです(>_<)

 このZ34の注目すべきポイントの一つがエンブレム一体型サイドマーカーランプです(^-^)

写真での再現ではわかりづらいかもしれませんが下の画像のようにエンブレムのスモーク部分がウインカーになっていて、とても斬新でオシャレですね!

Z34ウインカー1Z34ウインカー2

 このエンブレム一体型ウインカーは女性デザイナーが手掛けたそうでスモークレンズの厚みやランプの光量ひとつとってもかなりのこだわりを感じることができます。

ちなみにこのウインカーにはLEDが8個入っているそうです(^_^)


 まだまだ書き足りませんが今回はこのへんで次回に続きます…f(^_^;)



ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 車ブログへ


ご報告 

どうも。だいぶご無沙汰しておりました。コロノスケですf(^_^;)

 一年以上ブログを更新できず申し訳なく思っております・・・
この度コロノスケとみわの姫は結婚し、子供が生まれました。


結婚式1


 また気ままに更新していきたいと思います。


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 車ブログへ

お知らせ  :  trackback 0   :  comment 2   

フォレスター 

今回、車検の180SX代わりに僕の足になっているのがホネスターもといSF5 フォレスターです。

フォレスター1

エンジンはスバルご自慢の2ℓ水平対向4気筒DOHC16バルブインタークーラーターボエンジンのEJ20エンジン!最高出力240PS/6000rpm、最大トルク31.5kg・m/rpmと、僕の180SXよりかなり馬力があります(ーー;)

フォレスター2

駆動方式はフルタイム4WDでサスペンションは前後ともストラット式4輪独立懸架を採用しています。

フォレスター3

 フォレスターは180SXより視点が高くかなりの違和感が・・・(^_^;)
しかもサスもフワフワなのでちょっと気持ち悪いですね(>_<)


-- 続きを読む --

180SXの車検 

今日で180SXを購入してから2年が経ちました!

180sx-71

180SXの購入時に車検を受けたので先日、以前ドアの修理でお世話になった板金屋さんに180SXの車検をお願いしてきました。

ドアの修理の時に板金屋さんに「フロントのアライメントの調整した方がいいよ」と言われていたので今回フロントのアライメント調整もお願いしました。

 思い返せば我が180SXを通していろいろな人と出会い、そして様々な思い出ができました。これからも180SXと一緒にたくさんの思い出をつくっていきたいです(^^ゞ

ずっと元気に走り続けてくれよ180SX。



ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 車ブログへ

180SX  :  trackback 0   :  comment 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。